© 2017 by Saemi Nakamura

6/20/2018

日曜日の朝、オンライン・ブレスワークのワークショップに参加して、ブリーディングをしていたとき、幼いときの家族旅行のイメージが浮かんできました。

驚いたのは、その記憶が、私がまだ一歳半くらいのときのものだったことです。自家用車に荷物を詰めて、父が運転席に、そして、 後部座席に私と母が座り、2歳上の姉が、熊のぬいぐるみを抱えて助手席に座りました。さあ出発しようかというときになって、車の中で姉が嘔吐したので、父が、母に向かって、「暑いのに、こんな人形を子供に持たせるからだ!」と怒ったことまで思い出しました。

目的地は、父の出身である千葉の外房...

Please reload

Please reload